エラーに自力で立ち向かう!2006/04/13 18:50

 パソコンを使っていて困るのがエラーです。何度も経験し対処してくると、おおよその原因などが分かってくることも多いのですが、慣れないうちは大変です。パソコンはご利用目的やご利用方法によって、使い方もご利用のソフトウェアも千差万別ですから、エラーの原因を探るにはまずご自分が使っているパソコンの状態を知ることが第一です。

 マイクロソフト社のWindowsXPなどをご利用の場合、特にメールの受信時に不明なエラーが発生することがあります。エラー番号は様々ですが、サーバの不具合よりもご利用になっているパソコン側での不具合も多いようです。

 そのような時には、マイクロソフト社が提供するサポートオンラインを活用してはいかがでしょうか。
  http://support.microsoft.com/

 例えば、メールの受信時に「不明なエラーです」などと表示された場合の解消方法などが、比較的容易に検索できます。ここで必要なのは「エラー番号」です。例えばメールの受信時に「エラー番号:0x800C0133」という表示が出た時には、上記ページの「サイトの検索」を利用します。入力画面に「0x800C0133」を入力し、「日本語版 技術情報」が選択されている状態で「検索」ボタンをクリックします。すると、検索結果表示が表示され問題解決のためのページへのリンクが示されます。

 発生しやすい多くのエラーは、その対処方法がソフトウェアメーカーなどによって公表されていて、具体的に解決方法を図入りで紹介している場合も多くあります。

 Macintoshをご利用の場合には以下のサイトが活用できます。
  http://www.apple.com/jp/support/

 ですが、こうしたサポートサイトでも、必ず原因が分かるわけではありません。ソフトウェア本体に回復不能の不具合が生じていたり、パソコン本体側に修復不能な不具合が生じている場合もあります。ひとつのソフトウェアだけではなく、複数のソフトウェアの動作に不具合が生じるような事があれば、パソコンメーカーに直接問い合わせるのが良いでしょう。