迷惑メール2005/04/04 15:01

希望していない企業や団体、個人から、勝手にメールが届くということはありませんか?
これがいわゆる「迷惑メール」です。
このようなメールでお困りの方も多いのではないでしょうか?
今回は迷惑メールについてお話ししましょう。

迷惑メールの中には、宛先があなたのメールアドレスではなく、別人のメールアドレスとなっていることがあります。これはBCC(Blind Carbon Copy)機能を使っているために起きる現象です。これは、本来、宛先以外にメールの写しを宛先の人に知らせずに送りたい場合などに使われる機能ですが、残念ながら悪用されることも多いようです。

迷惑メールの多くは、メールの発信者部分も偽装していることが多く、このようなメールでは、本文に記載されているリンクをクリックしただけで違法請求サイトが表示されたり、参加する意思が無いアダルトサイトが表示されたりします。
最近多いのが、いわゆる「出会い系サイト」への勧誘のメールです。このタイプのメールでは、件名が知人からのメールと思わせるようなものとなっている点が大きな特徴です。
「着信アリ」「もう仕事終った?」「昨日は楽しかったね」というようなメールの件名が表示されたり、「RE:」だけの件名のように、こちらが送信したメールの返信を装ったメールも多数あります。

こうしたメールをどうしたら良いのでしょうか。
原則として無視する事です。
「宛先が違います」などと返信する事で、あなたのメールアドレスが「現在も使われているもの」として扱われ、そうした業者のメールアドレス交換などにより、更に迷惑メールが増加すると考えられるからです。

ASAHIネットでは、ある程度迷惑メールをカットできる「スパムブロックサービス」を提供しています。
まずは申込窓口から申し込んで「おまかせフィルタ」を実行する事をお勧めします。これによって、迷惑メールの数はかなり減るはずです。ただ「おまかせフルタ」ではすべての迷惑メールがカットできるわけではありませんが、それを補うために手動でマイフィルターの設定が可能です。

こうしたメールはあくまで相手が悪意、あるいはお金のためだけに行なっているものですが、それとは別に迷惑メールの中にはコンピュータウイルスに感染して、利用しているパソコンが勝手にウイルスを送信してしまう、などということもあります。このようなメールを防ぐには、ご自身のパソコンに市販のウイルス検知ソフトを導入するか、あるいはISPが提供するメールのウイルスチェックサービスを利用するしかありません。

ASAHIネットでは「おまかせウイルスチェック」(有料:月額料金210円(本体200円))というオプションサービスも提供していますので、ご利用ください。